風俗のことならだれにも負けない!?風俗日記「 今日は新規のWちゃん 」

ぽっちゃり部長の風俗日記ロゴ

今日は新規のWちゃん

今日の新規の女の子はWちゃん。いつも言ってる秋葉原の某デリヘル店です。
彼女は21歳で、このお店に入って1ヶ月=デリヘル経験らしいです。
経験の浅い子なので、初対面の時も少し緊張しているように見えました。
僕は新規の女の子の場合、その緊張をほぐすためにシャワーを浴びる前にベッドでおしゃべりをすることにしています。

「初めてだからWちゃんの事知りたいな。少し普段のおしゃべりがしたいんだ~」
女の子はこう言うと大概OKしてくれます。
ここで断る女の子は相当事務的です。
運が悪かったと思って諦めましょう笑。
「Wちゃんって普段ドラマとか見る?俺結構見るんだ○○とか○○とか・・」 この話題は臨機応変です。
でも拾ってもらえないと意味が無いのでパターンは増やします。
「○○は見てるよ」 これが返ってくれば成功です。
そこから話しをふくらませます。
これでWちゃんとは少し打ち解けました。最初としては上々です。

それからはシャワーもベッドもとにかく優しく話しかけ、そして女の子が気持ちよくしてくれたらちょっとしたことでも喜んでいることを伝えます。
Wちゃんの場合はフェラがめっちゃ上手でした。
いつもの僕ならフェラは流すくらいで済ませてしまうのですが、Wちゃんはこれが得意なんだなぁと思うと多少おおげさに感じてみせます。
(男が感じてるのってどうなんですかね?やっぱり気持ち悪いですかね?)
こんなの女の子がすることだって思うかもしれませんがお客側だって必要だと思います。
Wちゃんもこれで僕が素直になってくれたと思ってくれ、その後僕が大好きな素股では「気持ちいい?」と嬉しそうに言葉責めまでしてくれました。
もちろんここでも「ヤバい、Wちゃん上手すぎ・・」と伝えます。
(これは本当に気持ちよくて声を出していたのもありますが) そしてフィニッシュ。

あとは最後のシャワー。
僕はシャワーはエッチをした後の余韻を楽しむことにしています。
これだけで次に指名した時の印象ががらっと変わります。

Wちゃんとは少し時間が余っていたので、ベッドに座っておしゃべりしました。
打ち解けたWちゃんは最後「また指名してくださいね!」と明るく言ってくれました。
Wちゃん、良い子だったなぁ。

部長の日記にコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です