風俗のことならだれにも負けない!?風俗日記「 本物のお姉さんにフェラをしてもらった 」

ぽっちゃり部長の風俗日記ロゴ

本物のお姉さんにフェラをしてもらった

私には長らく世話になっている友人がいるのですが、その友人に一生隠し通さなければならない秘密を持っています。

その秘密はというと、彼のお姉さんにフェラをしてもらったことがあるということです。

一度きりでしたが、興奮していつでもズリネタとして思い出すことができます。
彼女との出会いは恋人同士というわけではありませんでした。
デリヘルを介して数時間だけ男女の関係になっただけなのです。

当時、急に仕事が休みになり暇を持て余し、缶ビール片手にデリヘルのホームページをはしご閲覧していました。
その当時のこだわりで、”私より少しだけ高い年齢層、可能な限り黒髪の女性”をキャスト一覧より探していると気になるデリヘル嬢を発見しました。

そのデリヘル嬢は以前から恋心を抱いている身近な女性にそっくりでした。

もともと私が風俗の利用を始めたきっかけは、彼女を思い出しながら生身の女性と果てたいという願望からでしたので、この機会を逃してはいけないと感じました。
私はすぐにページ右上の電話番号に連絡をし、指定された時間にホテルで何度も口臭対策スプレーを噴射しながら待っていると、予定の時間より数分遅れて例の女性が到着しました。

ドアを開けると一気に心臓の鼓動が高まり、めまいで倒れそうな感覚に襲われました。
ホテルに派遣されてきた女性は、紛れも無く友人のお姉さんだったからです。

お互いに気まずい雰囲気になりましたが、プレイを切り出したのは彼女でした。それからは勢いに任せて服を脱ぎ、お互いにシャワーを浴びました。
豊満とはいかないものの美乳で、興奮した息子をフェラしてもらいました。

でもこのデリヘルで会ったのはこの一回きりです。
ずっと恋い焦がれていた女性との初のフェラは永遠の思い出です。

部長の日記にコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です