風俗のことならだれにも負けない!?風俗日記「 気づいたらそのお店は閉店してしまった 」

ぽっちゃり部長の風俗日記ロゴ

気づいたらそのお店は閉店してしまった

風俗遊びをしているとお気に入りの女の子が出来るようになりました。サービス自体はオーソドックスな子でしたが何か波長が合う子でした。

初めてその子に当たったのはフリーでお店に入ったときの事でした。
部屋に案内され一緒にシャワーに行ったのですが、シャワーで身体を洗い終わるとハグをしてきてくれたんです。その時、身体に当たる女の子の胸がとてもいい感触でした。

部屋に戻りベッドに横になると身体を密着させてきてキスを求めてきました。
それならばと舌を絡めてあげると、それに応えるように非常に女の子の息遣いが荒くなりました。
おっぱいを揉みながら乳首を刺激してあげると少し声が漏れた様な気がします。

気分が高揚したところで、女の子がリップサービスしてくました。
最初はキスから始まり首筋、胸、腹、膝、背中、乳首、太もも、徐々に焦らしながら股間に近づいていき、そしていよいよフェラに移行。
じらすように亀頭の部分を丁寧に舐めていたかと思うと、急に大胆に咥えだし油断していたら直ぐにイってしまいそうでした。
彼女のフェラは、程よく口を窄めてくるので非常に気持がいいフェラで、
思わずもし口の中でイったらごめんと言うとティッシュをスタンバイしてくれました。

結局何とか持ちこたえ、今度は女の子を攻めるために脚を開かせおっぱいを触ろうと伸びたとき、ふいに当たった女の子のあそこが非常に湿っていました。
思わず指で少しいじると声を漏らし駄目~と怒られました。

今回のプレイ内容にオプションを付けなかったことを後悔しつつ、正常位素股でイかせて貰う事になり、女の子のお腹に発射させてもらいました。

テクニックもさることながら、体の波長が合うこの感じがクセになって、お店が閉店するまでの数回その女の子を指名し続けました。

もうこのお店が最後と言っていたので、このお店が閉店した今この業界にはいないと思いますが、たまに似た子を指名した時、もしかして?って思っちゃいます。
またふらっとどこかで会えないかな~。

部長の日記にコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です